あなたの会計状況を教えてくれる2つの大事な表

フリーランス会計教室

みなさん、こんにちは!
闘う事務職フリーランスのみなみです!

さて今日は、会計の全体像についてすごくざっくり説明したいと思います。
難しいことは置いておいて、簡単に全体像を掴むというところを目指していきます。
では行ってみましょう!

とっても大事な表「財務諸表」

財務諸表(ざいむしょひょう)って聞いたことありますか?
多分こちらの言葉は一般的ではないのかもですね。
では、B/S・P/Lという言葉はどうでしょうか?
もしかしたらこっちは、なんとなく聞いたことあるかも?という方が多いかなと思います。
B/SというのはBalanceSheet(バランスシート)の略で、日本語では貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)と言います。
P/LというのはProfit&LossStatement(プロフィットアンドロスステートメント)の略で、日本語では損益計算書(そんえきけいさんしょ)と言います。
この2つの表、両方合わせて財務諸表(ざいむしょひょう)と言います。

B/S 貸借対照表ってどんなの?

こういうやつです!

 

これは何を表しているかと言うと、あなたの事業のお財布事情です。
この表の見方は、資産から負債を引いたものが純資産という意味です。

資産というのは、例えば現金や銀行の預金、あとはまだ受け取っていない売上金などですね。
簡単に言うと、あなたにとってのプラスのお金です。
負債というのは逆に、まだ払っていない経費とかですね。
あなたにとってのマイナスのお金です。
純資産というのはちょっとややこしいのですが、あなたの本当のお金です。
そして「資産というプラス」から「負債というマイナス」を引いて残ったお金、つまりあなたの事業の価格でもあります。

「それって資本とか資本金とか言われてるあれのこと?」と思ったそこのあなた。
あなたはフリーランスです。
ややこしくなるので一旦資本金という言葉は忘れてください。
混乱の元になります。
ご自身が株式投資をする際や、事業の法人成りをするときに改めて思い出してください。
それまでは綺麗さっぱり忘れててOKです。

P/L 損益計算書ってどんなの?

こういうやつです!

B/S 貸借対照表よりもこっちの方が馴染み深いのではないでしょうか?
こちらは何を表しているかと言うと、あなたの事業の成績です。
この表の見方は、収益から費用を引いたものが利益という意味です。

収益というのはつまり売上のことですね。
あなたがお仕事をして出した成果そのものです。
費用というのは、例えばお客様のところに行くための電車代とか、事務所として借りているコワーキングスペース代とか、そういう事業に必要な出費ですね。
利益というのは、売上から経費を引いた残り、つまり儲けです。
いっぱい残るとむふふってなるやつですね。

B/SとP/Lは実は繋がってる!

さてここまでで、なんとなーくB/SとP/Lそれぞれの役割はわかってもらえたかなと思います。
まったく別のことを表している2つの表。
でも実はこの2つは繋がっています!
例えば、

売上(P/L 損益計算書の収益)が銀行の預金(B/S 貸借対照表の資産)に振り込まれた。

という取引。
なんということでしょうー、まったく別の意味を表していた2つの表が、同時に登場したではありませんかー。
実は基本的にはこういうセットなんです。
他の例で言うと、

タクシー代(P/L 損益計算書の費用)をクレジットカード(B/S 貸借対照表の負債)で支払った。

という取引。
なんということでしょうー(以下省略しますね)
これもグループが違うだけで同じセットですね。
こういう構造でB/SとP/Lは繋がっているんです。

今日のまとめ

なんとなーく全体像は掴んでもらえたでしょうか?

お財布事情を表すB/S 貸借対照表
成績を表すP/L 損益計算書
その2つの総称財務諸表
2つは別のことを表してるけど繋がっているんだよ

ってとこですね。
私の感覚では、パズルみたいだなーって思ってます。
すべてが綺麗に矛盾なくぱしーって当てはまるんです。
だんだんそれが気持ちよくて楽しくなります。
難しさのレベルはどんどん下げて、楽しくパズル感覚でどんどんやっていきましょう!